徳島の車手続き(車庫証明取得・名義変更手続き)なら、徳島の西野行政書士事務所へ。迅速、安心手続き。

HOME » 車庫証明取得手続き » 車庫証明の書類の記入方法

車庫証明の書類の記入方法

自動車保管場所証明申請書(届出書)

車名

車種の名前ではなく、「ホンダ」等メーカー名を車検証の通りに記入します。

型式

車検証の通りに型式をすべて記入します。

車台番号

マスの左端から車検証の通りに記入します。新車で車台番号がすぐに分からない場合は、空白で申請を行い、車庫証明受取時に記入します。

自動車の大きさ

「長さ幅」「幅」「高さ」をそれぞれ車検証の通りに記入します。

自動車の使用の本拠の位置

○個人の場合
住民票で登録してある通りの住所を記入します。
○法人の場合
申請者を本店、使用の本拠の位置を支店で申請する場合、支店の所在を証明する書面として、登記簿抄本・公共料金の領収書・消印のある郵便物、営業証明書等が必要になります。(証明に求められる書類は管轄の警察署によって取扱いが異なります。)

自動車の保管場所の位置

自宅に保管場所がある場合、自宅の住所を住民票の記載通りに記入します。(※自動車の使用の本拠の位置と「同上」と記入しないように注意します。)自動車保管場所は、使用の本拠の位置(使用者の住所)から直線距離で2キロメートル以内です。
自宅の近くに駐車場を借りている場合はその駐車場の住所を記入します。

保管場所標章番号

特に記入する必要はありません。

申請の日付

土日祝日を除き、警察署窓口へ提出する日付を記入します。

申請者の住所・氏名・電話番号

申請する本人の住所・氏名を記入します。押印は4枚とも行います。
連絡先
今回申請の内容について説明できる人の名前と電話番号を記入します。

保管場所使用権原疎明書面(自認書)及び保管場所使用承諾証明書

駐車場を借りている場合は、「保管場所使用承諾証明書駐車場の貸主に記入、押印してもらいます。貸主によっては手数料がかかる場合があるので、、あらかじめ確認しておくほうがいいと思います。
自己所有の土地を車庫とする場合は、「保管場所使用権原疎明書面」に自分で記入します。

保管場所の所在図・配置図

保管場所の寸法を測り、配置図を作ります
保管場所の要件としては、
 ○使用の本拠の位置と保管場所の位置の直線距離が2キロメートルを超えないこと。
 ○保管場所に自動車の全体が収容できることとなっています。
所在図については地図をコピーして添付します。申請地を赤鉛筆などで塗りつぶしておきます。

お問い合わせはこちら

西野行政書士事務所
代表 行政書士 西野 修作
日本行政書士会連合会登録番号 第06371892号
〒770-8052 徳島県徳島市沖浜1丁目45番地5
TEL:088-635-5852
FAX:088-635-9287
Eメール info@tokushima-car.com
E-mail相談は24時間 TEL相談は9時~18時まで(土日祝休み)

powered by 行政書士アシストWEB / 行政書士向けビジネスブログHP作成 / smartweblab